両思いの「前兆や兆候」について

スポンサーリンク

「両思い」ほど、素敵なことはありません。
「好きになった人が自分のことを好きになってくれる」これは誰もが望んでることでしょう。
しかし、特に恋愛は、思い通りにいかないことで悩みが深くなることがあるものです。
両思いではなく、片思いではないかと思うこともあるかもしれません。
好きな人が自分のことをどう思っているかわからないと、悩んでいる方もたくさんいるでしょう。
自分の気持ちは自分自身のことですからわかるのですが、相手の気持ちは相手のことですので、いくら詮索しても悩むばかりです。
相手が自分のことを好きなってくれる「前兆や兆候」のようなものがあれば、わかりやすいのにと思うかもしれません。
ではそういった、前兆や兆候のようなものがあるのでしょうか。
相手の仕草や態度といったもので、判断できる場合もあります。
以前に比べて態度が好意的になったとか、そんなことです。
でも、それだけではよくわからない場合もあります。
好意というのは、恋愛の好意もあれば、普通の「一般的な好意」もあるからです。

スポンサーリンク

 

大切なことは、あまりそういったことを考えすぎて自分を苦しめないことだと思います。
前兆や兆候というものは、調べるものではなく、感じるものです。
この人とは気持ちが合っているなと、心で感じるものです。
「何となく付き合うような気がする」みたいな感性の部分です。
両思いになれそうな気がするとか、たいした確証がなくても自然にそう思えるような相手の場合、その後両想いに発展する可能性があったりします。
一方悩んでばかりいて、このまま会えなくなってしまったらどうしようとか、そういうことを心配ばかりしている相手では、なかなか関係が進んでいかないものです。
無理を通そうと躍起になるのではなく、自然の流れの中で、落ち着いた関係を築いていくことが大切だと考えます。

スポンサーリンク