片思いの人が振られた後に連絡して良いのか

スポンサーリンク

ずっと片思いをしていて胸に秘めた思いを相手に伝えようと、勇気を出して告白した人が誰しも成功するとは限りません。
残念な事に振られてしまう人も中にはいるでしょう。
そんな人が振られた後に相手と連絡をしにくくなってしまう、なんて事もありますよね。
しかし気まずいからといって変に気を遣って連絡を止めてしまうと、それこそ片思いののままでチャンスを逃してしまいます。
せっかくのチャンスを気まずいからといって連絡をしないのは、とてももったいない事です。
振られた後で、相手の事を直ぐに吹っ切れるのであればそれは好きではなくて憧れに近いものだったのです。
振られても好きな気持ちが続く方は、是非諦めずに連絡を続けて下さい。
しかし、連絡の取り方にコツが必要です。
それは相手に気を遣わせない事です。
いくら以前と同じ様に話したくても、振られた後ということは片思いを知られていなかった時の様にはいきません。
相手は既に自分が片思いをしていると知っていて、尚且つ相手自身が振った相手ということで、少なからず気を遣う相手になっている事を忘れずにやりとりをしましょう。

スポンサーリンク

連絡の取り方としてはまず、振られた後という事もあり自分自身の気持ちを落ち着かせなければいけません。
そのため、翌日以降に相手に連絡を入れるのがオススメです。
ここであまりに時間が経ち過ぎても、相手に忘れられてしまう可能性があるので注意をして下さい。
片思いだと認識されているにも関わら相手に連絡をすると、相手は振られた後だからといって、あまり気を遣わなくても話せそうだと思い、まずは告白前の2人に戻ろうと努力を始めます。
しかしここからが勝負の時です。
片思いだという事を振られた後なので既にお互いに知っているため、以前の様に全く相手が意識していなかった所から自身の魅力を知ってもらえるチャンスに繋がります。
片思いのまま終わらせたくない人は寧ろ、振られた後が勝負の時です。
相手に片思いしているという情報を与え、振られた後からの行動で相手との距離を縮める人が大半です。
寧ろ今までと少し違って、頻繁に連絡を送らずに程よく送る様になると相手は自分の事がまだ好きなのか、それとももう他の人が好きなのかと気になり出してしまうかもしれません。

スポンサーリンク