[片思い男子必見]女子の好き避けの理由

スポンサーリンク

誰しも片思いをしてつらい思いをしたことってあると思います。
なかには、うまくいってると思っていたのに最近避けられている気がする・・・。
片思い中の彼女は自分のことが好きじゃないのかもしれない・・・。
なんてことを思って一人で悲しい気持ちになったり、なんてことはないでしょうか。
でも、ちょっと待ってください。
まだその片思いを諦めるには早いのです。
一見避けられているように感じても、中には、相手のことが好きだけど、好きだからこそ避けてしまう・・・なんて女子もいるのです。
今回は、好きだけど相手のことを避けてしまう、いわゆる「好き避け」の理由をいくつか見ていきましょう。
 1、気恥ずかしい 一つ目の好き避けの理由としてはこれが挙げられます。
これは誰しも人を好きになれば一度は経験したことがあると思います。
相手のことが好きだと認識してからは、今まで一緒にいてただ楽しかったのに、相手の目が見れない、口数が減ってしまう、なんとなくそっけなく振舞ってしまう。
片思い中の相手が急にそっけなくなったのはもしかしたら彼女はちょうど自分の恋心に気付いたところで、あなたと一緒にいるのが少し気恥ずかしくて、好き避けをしているだけなのかもしれません。

スポンサーリンク

2、他の人に気付かれたくない 2つ目の好き避けの理由です。
これは、あなたのことが好きだけれど、一緒にいる友達にそのことを気づかれたくないから、他の人よりもあなたに対して少し冷たい態度をとってしまうのです。
その理由には、意識して冷たい態度をとらないとあなたが好きという雰囲気が出てしまうのではないか、と恐れる気持ちがあります。
片思い中のあなたとしてはたまったもんじゃないですが、彼女としても他の人からからかわれたくないために必死になってしまっているのです。
 3、あなたに片思いをしている 3つ目の好き避けの理由です。
少しわかりにくい理由ですが、これは、彼女があなたからの好意に気が付いていないため、彼女もあなたに対して片思いをしていると思っている、ということです。
現在良好な友人関係でいるならなおさらその可能性があります。
あなたへの想いが知られてしまったら、あなたが今まで通り接してくれないかもしれない、その気持ちからあなたに対して好き避けをしてしまうのです。
 いかがでしょうか。
片思いをしているとネガティブになりがちですが、彼女があなたを避けているのは悪い理由ばかりではなく、「好き避け」である可能性もあるのです。
もし上の「好き避け」の理由にあてはまらなそうだ、と思っても落ち込まずに、彼女と接していきましょう。
人は誰しも悲しそうな人よりも楽しく生きている人に魅力を感じるものです。

スポンサーリンク