ぎこちない関係を避けるため、両思いでも告白しない理由とは

スポンサーリンク

 恋愛の方法は人それぞれです。
しかし、両思いで付き合い始めた方が、お互いのためにとって良い事は確かでしょう。
 しかし、お互い両思いだと薄々分かっていても、付き合い始めない場合が存在します。
今回はその心理についてご説明したいと思います。
 どなたも経験があるかと思いますが、『付き合う前の、友達でもカップルでもない独特の関係』と言う物が存在します。
『友達以上恋人未満』という常套句もあるぐらいです。
友達よりも親密で、かといってカップルのようにベッタリとはくっつかない…という、不思議な関係性です。
 普通であれば、この期間はごくごく一時的なもので、すぐに付き合ってしまうのですが、この関係性で停滞してしまう事があります。

スポンサーリンク

 

 一度、停滞してしまうと、そこから抜け出す事が非常に困難です。
何故なら、『敢えて無理をして付き合う選択をして、ぎこちない関係になりたくない』と考えてしまうからです。
お互い、両思いだという事は分かっているものの、今の関係性を崩した時にどうなるか分からない…と、保守的になってしまうのです。
 カップルになるには、ある程度の勢いが必要です。
いいタイミングを見てから…と思っていると、あっという間にその時期を逃してしまいます。
 もし、この『友達以上恋人未満』の関係性にいる人がいれば、正式にカップルになる事をお勧めしたいとおもいます。
下手に告白をして、ぎこちない関係になりたくないと言う気持ちも分かりますが、宙ぶらりんの関係は、やはり良いものではありません。

スポンサーリンク