相手を気遣う言葉の選び方は、相手の立場を考慮する必要があります

スポンサーリンク

恋愛関係に至るまでには、様々な過程を経る事になります。
相手を気遣う言葉の選び方によって、恋愛成就までの道のりにも違いが出ます。
 相手を気遣う言葉は、選び方にも気をつける必要があります。
まだ恋愛関係になっていない訳ですから、相手にとって恋人同士の様に当たり前に思ってほしくない場合もあります。
つまり、言葉を発する状況や場所をよく考慮して、相手を気遣う言葉の選び方に繋げる必要があるのです。
相手が辛い状況の時に、優しい言葉、相手を気遣う言葉を使用する事があります。
でも、相手にとって本当に大変な状況になっている場合には、例えば大丈夫、という問いかけにも大丈夫な訳がない、となってしまう事もあります。
やはり、相手との現在の関係の深さなどを考えて、出過ぎない様な相手を気遣う言葉の選び方がポイントになります。
 相手が男性の場合には、大丈夫、という相手を気遣う言葉であっても、頻繁に発せられると、自分が信頼されていない状況を感じる事があります。
できる事があったら言ってね、などでその場を早めに立ち去るなどの配慮が必要な時もあるのです。
その場で倒れそうな明らかな状態などは別として、相手の心理状態を汲んであげる事も選び方には必要になるのです。

スポンサーリンク

 相手を気遣う言葉は、お互いの立場によっても、選び方が違ってくるといえます。
会社などの場合には、上下関係が生じているケースもあります。
上の立場の人であれば、下の立場の相手に向かって、頑張ってるね、頑張ってるの見てるよ、などが効果的です。
職場の場合には、仕事をこなす事が誰にとっても使命でもあります。
時には、孤軍奮闘して、一人だけで仕上げるべき仕事などが発生する事もあります。
周囲が認めてくれなくても、私はあなたの頑張りを見ています、という相手を気遣う言葉をかける事もできます。
この場合には、下の立場の人から発せられてしまうと、上の立場の人にとっては、ややなめられている感情をもたれる可能性もあります。
ここでも、選び方には相手の立場などを考慮する事が大切になるのです。
 上の立場の人など、立場が同等でない場合には、下の人にとっては、上から褒められると嬉しさを感じる事も多くあります。
認めてもらった、という心理状態が働くからです。
逆に、下の立場の人からは、何か私でもお手伝いできる事はありますか、などの言葉が利用できます。
大丈夫、という返答がくれば、その場はすんなり離れる配慮も必要です。
上の人からしてみると、相手を気遣う言葉であっても、下の人から心配されている、と感じる事もあります。
周囲に人が存在していると尚更心配されたくない場合もあります。
しかし、相手の印象には残る言葉の選び方でもあります。

スポンサーリンク