頭をかく癖は心理状態に恥ずかしさをもった行動でもあります

スポンサーリンク

頭部は、顔が正面に位置しているため、人からも目につき易い場所でもあります。
頭をかく癖をもつ人もいますが、行動に対する心理状態は複数の内容が読み取れます。
 まず、恥ずかしいなどの心理状態になった時に、頭をかく癖で行動する事があります。
場面としては、先輩や上司などに指導を受ける様な状況です。
特に周囲に人が複数存在しているなどの場合には、注目されて恥ずかしいという心理状態が沸き起こります。
この場合には、マイナス面での恥ずかしい気持ちがあります。
自分では気付かない内に頭をかく癖、行動に及んでいると推察されます。
 頭をかく癖は、何かに悩んでいる時などにも見られる行動になっている事があります。
心理状態としては、やや行き詰った状態ではありますが、深刻というよりは迷っている様な状態です。
どちらの案を選択するかなど、選択に迫られた時に頭をかく癖を見せる人がいます。
深刻に、次のステップをどう踏み出すかなど、深い悩みの場合には、頭をかく癖や行動が更に激しく出る事もあります。
特に強くではなく、スローテンポなどで行う場合には、悩みの状態もまだ浅い、あるいは軽い内容であると読み取れます。

スポンサーリンク

 頭をかく癖は、好きな人と対面した時などにも見られる行動の場合があります。
心理状態としては、相手に対する好意が存在しているため、どう対応していいかわからない状況でもあります。
勿論、相手への好意がありますので、相手と接する事ができて嬉しい心理状態にもあります。
ですが、好きであるが故に恥ずかしい、という気持ちもあり、嬉しさを噛み締めるのは、相手が去ってからという場合も多くなります。
伴って、視線も下を向きがちで、相手と目を合わせるのが難しいなどの状態だと、好意の有無も判断できます。
 頭をかく癖は、行動する人の頭部でもあり、内側には脳が存在している状態です。
ですので、心理状態としても、行動を見せる人の脳内で何かしらの反応があり、考えている状況が推測できます。
心理状態には、喜怒哀楽のどれかが存在する事になりますが、怒りを伴う場合には、やや行動が強めに出る傾向もあります。
恋愛相手などを目の前にした場合にも、恥ずかしいという気持ちが強いほど、頭をかく癖も早くなったり、強めになってしまう場面が見られます。
つまり、行動に伴う強弱によって、心理状態、気持ちの強弱にも比例しているといえるのです。

スポンサーリンク