中学生の好き避けをしてしまう心理について

スポンサーリンク

「好きなのに避けてしまう」という心理を「好き避け」といいます。
最近では、このような好き避けをしてしまう人が増えているようです。
好き避けをしてしまうのに男性も女性も年齢も関係ありません。
恋をすれば誰でも臆病になります。
相手に好かれたいと考え、どうしたら相手の心を射止めることができるのか考えすぎてしまうこともあります。
こうした恋をすることで生まれる心理というものには性別も年齢も関係ないのです。
しかし、中でも中学生の場合には、恋をするということに慣れていなかったり、経験不足だったりして、より深刻な好き避けになりがちです。
もしかしたら自分自身のしている行動が好き避けという心理からきているものだと気づかないかもしれません。
その場合には、心と体が別々のような気がして、悩み苦しむこととなるかもしれません。
知らないよりは知っている方が動き出すのにも有利に働きます。
もし、あなたが中学生なら、好き避けというものがどのようなものなのか知っていることは大きな一歩となります。
また、あなたが大人の立場なら、知っていることで中学生に有益な助言をすることができるかもしれません。

スポンサーリンク

中学生の好き避けにはどのような理由があるのでしょうか。
最も考えられる理由に、強い羞恥心というものがあります。
中学生というと、自意識が過剰になってしまう年頃でもあります。
自分の心理を他人に悟られることに強い恥ずかしさを感じてしまうのはこの年頃にありがちな傾向です。
その中でも、誰かに対して好意を持っているという心理を知られてしまうことは恐怖に近いものにも感じてしまうのが中学生です。
そのため、この心理を隠そうと、好意とは逆の行動をとってしまうのです。
しかし、このような好き避けの行動をとってしまうと、相手には自分の好意は伝わらないことになります。
相手も中学生の場合には、経験不足でそうした複雑な心理を察知することも難しいものです。
好意が伝わらないばかりか、場合によっては嫌われてしまうこともあり得ます。
好意を持っている相手に嫌われてしまうのは辛いものです。
好き避けをしてしまう自分自身の心理を見つめなおしてみることが大事です。
中学生の場合は経験不足であることが大きな理由となります。
失敗を繰り返していくことも大切なことなのです。

スポンサーリンク