両思いだと分かっているのに連絡こない理由

スポンサーリンク

両思いだと思っていたはずの相手から、なかなか連絡こないと心配になりますよね。
そんな時は、付き合うことに対して踏み切れない事情があるのかもしれません。
以下は、考えられる理由の一例です。
1.利害が絡む関係の場合同じ会社の人や取引先の人が相手の場合、周囲に付き合いを気づかれるリスクや、別れた後の事を考えて躊躇してしまうケースもあるでしょう。
2.相手に言えない秘密がある場合既に家庭が有るなど、それを知ると相手が去りかねない秘密を抱えている場合も、付き合いに踏み出すには躊躇するでしょう。
3.身体的なコンプレックスがある場合相手に引かれることを恐れて、肉体関係を避ける場合もあるでしょう。
4.駆け引きで、あえて連絡をしていない「連絡こない・・・どうしたんだろう」と、相手に自分のことを考えさせようとしている場合もあります。
5.急に気持ちが冷めた。
相手を深く知っていく中で、自分とは合わない部分を見つけてしまった可能性もあります。

スポンサーリンク

 

相手の持つ事情が、どのケースに該当するかを見極める必要があります。
1.利害が絡む関係の場合、二人の関係を軽々しく口外しない、誠実さをアピールする必要があります。
2.相手に言えない秘密がある場合。
これは事情によっては、その恋を手放すことも視野に入れるべきかもしれません。
3.身体的なコンプレックスがある場合、見た目に分かりやすいので、「自分は気にしていない」という振る舞いをして、相手に安心感を与えると良いでしょう。
4.駆け引きで、あえて連絡をしていない場合、こちらもあえて連絡をせず、相手をやきもきさせるのも一つの方法です。
ただ、素直に相手の思惑通り、こちらから連絡してあげるのも良いでしょう。
5.急に気持ちが冷めた場合。
これも冷めたポイントによっては、挽回が難しいかも知れません。
せっかくの両思いの恋。
二人の間の障害はできる限り取り除いて、見事お付き合いに発展させたいですね。

スポンサーリンク