両想いな時のlineの頻度

スポンサーリンク

lineは連絡を取るのに手軽であり、しばしば好意を寄せる相手へのアプローチとしても使われます。
友人関係なのか恋愛感情があるのかを測る1つの方法として、その頻度を確認する手もあります。
一般的に人間、中でも特に男性は好きな相手を追いかけている時にこそ頻繁に連絡を取る人が多いようです。
社会人ならば仕事の短い休憩中に連絡してくる場合もありますし、学生であれば授業中まで1日中lineを開いているでしょう。
そのため全体的にみれば両想いの場合、他の人よりもlineの頻度は多いと言えます。
またすぐに返事を返せなかった場合に、謝るなどのフォローが入ることもあります。
このような行動があった場合、両想いの可能性が高いと見て良いでしょう。

スポンサーリンク

 

しかし中には男女ともに好意を寄せている相手であっても、あまり連絡を取らないタイプの人もいます。
その場合には頻度だけでなく、日頃の性格やその文面の内容から両想いの判断をすることも大切です。
lineの回数は少なくても1回ずつの文章が長かったり質問を投げかけるような言葉があれば、その人が連絡を取り続けたいのだということが分かります。
中には両想いの時ほど内容に気を使ってしまうため、高い頻度で連絡できない人もいます。
性格は人によって様々なため、lineの頻度だけで両想いかどうかを判定するのはとても難しいことです。
いずれの場合でもきちんと内容を見極めて、相手がどのような性格なのかをきちんと推し量ることが必要です。

スポンサーリンク