両想いであってもlineしない理由は嫌われているからではない

スポンサーリンク

男女共にお互いが両想いであればもっと電話やメールで連絡を取り合いたいと思う人が多いです。
最近では便利な連絡手段としてlineが流行っていて友人や家族、恋人、職場でも幅広く活用されています。
そんな気軽に使える便利ツールでも、好きな人に気軽にlineしない人もいます。
その理由はとても簡単で好きな相手に程、どんな話題をしようかと悩んでしまったり、連絡をしてしまっては忙しいかもしれないと躊躇してしまうのです。
何とも思っていない相手にはすんなりlineは出来ても、両想いの相手には嫌われたくないと考えてしまいがちで中々行動に移せない人が多いでしょう。
その他にもlineしない理由は様々ですが、両想い以上恋人未満の場合では相手のことを考えての場合がとても強いです。

スポンサーリンク

 

それ以外でlineしない理由として考えられるのは、男性の場合は基本的にはメール等の便利ツールも面倒に感じてしまう人が多く、それなら電話や実際に会って用件を話したいという場合が殆どでしょう。
特にlineの場合は既読の表示が付くので、女性側としても連絡をして既読が付いているのに一向に連絡が来なければ、両想いなのに何故なんだろうと徐々に不安に感じてしまう傾向があり、そう言った点も踏まえて友人を除く好きな人とはlineしない場合があるでしょう。
lineしないからと言って必ずしも相手を避けているわけでもなく、嫌っているわけでもありませんので安心して欲しいです。
やはり両想いだとお互いに気付いているのであれば、便利なツールに頼らず直接会って対話を楽しみましょう。

スポンサーリンク