両思いじゃないのに付き合う理由

スポンサーリンク

男女が付き合いを開始する際、一般的にはお互いがお互いのことを好きである、いわゆる両思いの状態であることが前提となります。
ところが、世の中には両思いじゃないのに付き合う人が存在しているのも事実です。
彼らは一体、どのような心境から両思いじゃないのに付き合うという選択をするのでしょうか。
まず、付き合ってみてから好きになろうと考えるパターンがあります。
通常、好きではない相手から告白されれば断るものですが、例えばまだ相手のことをよく知らなかったり、顔が好みだったりと、何かしら相手について興味があるときには、「とりあえず付き合ってみるか」という発想に至るのです。
ですから、このようなケースでは、好きになってもらえるような努力を怠らないことが大切です。

スポンサーリンク

 

また、違ったケースとしては、両思いであるかどうかに関わらず、誰かと付き合っているという状態そのものをステータスだと感じている場合があります。
このようなケースでは、「付き合う相手は誰でも良かった」などと言う人もいますが、実際のところ、付き合うという選択をしている以上、少なからず相手を気に入っている部分があるはずです。
いずれの場合においても、そもそも相手に対して多少なりとも好意がなければ、付き合うというのは有り得ないことなのです。
ですから、例え最初は両思いじゃないとしても、実際に相手と付き合えたということに、まずは自分に自信を持って大丈夫です。
今以上に相手に好きになってもらい、いつかは両思いになれるよう、日々自分磨きを頑張りましょう。

スポンサーリンク