片思いの相手に連絡待ちをしている期間が心配なときは

スポンサーリンク

片思いの相手に連絡待ちをしている期間が心配なら、友人や同僚に協力してもらって間接的に相手の気持ちを聞き出すようにしてください。
連絡待ちの期間が長いと相手に距離を置かれている可能性があるので、慎重にコミュニケーションをとった方が効果的です。
まずは直接本人とコミュニケーションをとるよりも「メールやチャット」などの間接的なコミュニケーションで距離を縮めるようにしてください。
この段階では自分が相手に好意を抱いていることは伝えず、友人としてコミュニケーションをとった方が自然な会話をすることができます。
メールやチャットなどをするときも相手の空いた時間を利用して、軽めの会話をした方がプラスのイメージに繋がるはずです。
友人や同僚にアドバイスをもらいながら、片思いの相手とゆっくりとコミュニケーションをとるようにしてください。
相手の気持ちを把握しながらコミュニケーションをとれば、きっと恋愛に発展するはずです。

スポンサーリンク

しかし、メールやチャットなどの間接的なコミュニケーションだけでは次のステップに進めないので注意が必要です。
そのためには友人や同僚に協力してもらって、直接本人とコミュニケーションをとるようにしてください。
慣れていない段階では、メールやチャットなどのコミュニケーションツールを併用しながら距離を縮めても効果的です。
友人や同僚に協力してもらって一緒に遊びに行ったり、二人だけの時間を大切にしながらコミュニケーションをとるようにしてください。
ここまでくれば相手にもあなたの気持ちが伝わっているはずです。
勇気を出して自分の想いを伝えてみても好感を得られると思います。
恋愛に焦る気持ちは禁物ですが、押すときは押さないと、自分の想いが伝わらないで恋が終わってしまう可能性もあるので注意が必要です。
相手に自分の想いが伝えられそうな場面では、言葉に出して想いを伝えてみましょう。
もし片思いの相手に連絡待ちをしている期間が心配なら、こちらの方法で距離を縮めてみてください。

スポンサーリンク