片思いの相手から1ヶ月以上連絡なしでも脈なしとは限らない

スポンサーリンク

片思いしている人から1ヶ月以上連絡なしでも脈なしとすぐに諦める必要はないです。
相手からの連絡を待っているだけでなく、こちらからメールを送ったりする積極的な姿勢も大切になってきます。
返信がなかったりと音信不通にされているなら、メッセージが届いていないことも少なくないです。
また、仕事や学業、アルバイトなどが忙しかったりと連絡が取れなくなっていることも多いです。
携帯電話が故障したりとアクシデントが起きたこともあるため、嫌われたと決めつけずに直接会いに行く手段を考えてみるのもありです。
片思いしている人との現時点での関係にもよりますが、友人として仲良くなってきたタイミングだと、まだ相手側には恋愛感情が芽生えていないことも珍しくなかったりします。
最初は脈なしでもこちらの努力次第では最終的に片思いが両思いになるケースもあり得ます。
今は1ヶ月以上連絡なしにされていても、前向きに頑張ってみることが好ましいです。

スポンサーリンク

相手がこちらの好意に気がついていないことでただの友人の一人と捉えていると、悪気はなしに1ヶ月以上連絡なしにしている場合もあったりします。
相手の対応を脈なしと結び付けずに客観的な視点で見つめてみると落ち込みにくいです。
片思いの相手がこちらに連絡を取る理由がなかったりと音信不通にしている行為も深い意味がないこともありがちです。
会う回数を増やしたりと友達以上になることを目指してみるのがふさわしいです。
こちらに対して関心が強くなってくると相手から連絡を取ってくれる確率も上がります。
共通の趣味をもったりと会話を盛り上げてみると相手にも印象づけやすくなりますが、その相手にとって一緒にいて楽しい存在になることが一番です。
さりげなく好意をアピールしてみると異性と意識されたり、恋愛対象になることも難しくなくなってきます。
焦らずに時間をかけて告白する時期を見極めてみるのも片思いを成功させやすくなってくれます。

スポンサーリンク