両思い診断 小学生向き

スポンサーリンク

小学生の時期は、素直かつ、まだ心の内を隠す技能が身についていない人がほとんどです。
そのため、小学生では両思い診断がしやすいと言えます。
この両思い診断では、私が小学生時代に残した日記をもとに、考察し作成したものです。
まず、小学生の恋愛について説明したいと思います。
この時期にモテる男子は、スポーツができる、もしくはイケメンであることが多いです。
また、モテる女の子場合では、可愛いかつ可愛らしい子であることが多いです。
これがなにを意味するかというと、内面がどうこう以前に、第一印象でどう見えるかです。
つまり、第一印象により、その相手に恋ができるかできないかは、ほぼ決まってるいるようなものでなのです。
しかし、人の好みは人それぞれです。
ふとした優しさに心が揺れることもあります。
特にこの時期は、第一印象で決められながらも、キュンとときめくものがあれば、その人のことを気になることは間違いなしです。
なので、この診断で当てはまらなかったとしても、その恋は諦める対象にはなりません。

スポンサーリンク

 

ではさっそく、<両思い診断 小学生向き>をやっていきましょう。
1.よく目が合うこれは気になっている相手同士だからこそ、起きることです。
仮に、あなたが相手に興味がなかったとしたら、あなたは相手を見ることはあまりないでしょう。
その逆も同じなのです。
つまり、相手もあなたに興味があるということです。
2.よくイタズラをされる"男の子は好きな子をいじめる"とよくいいますよね。
女の子も例外ではありません。
これは、かまってほしいからすることです。
消しゴムに落書きされたり、帽子を取られたり…。
これは、あなたと遊びたいという意思表示なのです。
ただ、恥ずかしがり屋の人など、嫌われたりしないかなどを考えて、できない人もいます。
3.給食やプリントを取りに行くときのタイミングがよく合うよくタイミングが合うのは、どちらかが合わせなければ成り立つことは、ほぼ不可能でしょう。
なぜタイミングを合わせるかというと、あなたと話せるきっかけがほしいからです。
そうでなくても、よっぽど息が合うということなので、相性はぴったしといえます。
この中で、2つ以上当てはまれば、ほぼ両思いを確定してもいいはずです。
逆に、当てはまらなかったからと言って、両思いでないわけではありません。

ほんとうに知りたければ、告白あるのみです。

スポンサーリンク