片思いの相手に電話をするときは頻度に注意すること

スポンサーリンク

片思いの相手に電話をするときは、電話の「頻度」に気を付けてください。
慣れていない段階で積極的にアプローチをしてもかえってマイナスイメージになってしまうので、まずは間接的なコミュニケーションで距離を縮めるようにしましょう。
メールやチャットなどの方が自然なコミュニケーションをすることができるので、この段階で相手の好きな話題や共通の話題を探しておくと便利だと思います。
恋愛で重要なことは相手の気持ちをしっかりと把握してコミュニケーションとることです。
とくに片思いの相手には、メールやチャットなどで距離を縮めることが重要になってくるので、相手の時間に合わせてコミュニケーションをしてみてください。
メールやチャットなどに慣れてきたら、インターネット電話などを使っても距離を縮めることができるので、積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。
ただ電話の頻度だけは注意してコンタクトをとるようにしてください。

スポンサーリンク

 ただ間接的なコミュニケーションだけでは親密な関係になることはできないので注意が必要です。
次のステップに進むためには、片思いの相手と直接コミュニケーションとるようにしてください。
二人だけでコミュニケーションをとるのが難しいと感じたら、友人や同僚に協力してもらって一緒に遊びに行くのも効果的です。
慣れてきたら二人だけの時間を大切にしてゆっくりとコミュニケーションをとるようにしてください。
あとはメールやチャット、電話などのツールを併用しながら距離を縮めていけば、片思いの相手にもきっと想いが伝わるはずです。
ここまでくれば電話の頻度などを気にすることなくコミュニケーションをとることができるので、積極的にアプローチをするようにしましょう。
あとはお互いの気持ちを尊重しながらコミュニケーションをとっていけば、きっと恋も成就するはずです。
焦らず自分のペースで片思いの相手とコミュニケーションをとるようにしてください。

スポンサーリンク