片思いしているときに嫉妬から自己嫌悪を感じたら

スポンサーリンク

片思いをした経験のある人は、世の中に少なくありません。
これは誰しもが恋愛に積極的ではないからです。
好きだという気持ちがあっても、それをストレートに表現できるかどうかは別問題なのです。
 そして片思いをしているときに、ライバルに対する嫉妬心から自己嫌悪を覚える人もまた珍しくありません。
 これはたいていの人間がコンプレックスを抱えているためです。
他人の方が自分よりも優れているのではないかという気持ちがそうさせてしまうのです。
 しかし、嫉妬心から自己嫌悪を覚えたところで、そんなに気にする必要はありません。
何故なら、それは客観的に物事を捉えられた証拠でもあるからです。
 俗に天は二物を与えずと言いますが、これはあらゆるものを得意とする人間がいないことを意味しています。
 運動ができる人がいれば、勉強を得意とする人がいるように、それぞれに得意分野があるものなのです。
 そこを認めた上で、次の行動に移るようにしましょう。

スポンサーリンク

 片思いをしているときに、ライバルに嫉妬心を覚え、自己嫌悪の念を感じた際は、自分の得意分野に磨きをかけるようにしましょう。
 これはいわゆる自分磨きに該当します。
自分が好きなことを極めれば、それが自信に繋がる上に、それに打ち込んでいる間は、嫉妬心や自己嫌悪を感じることもなくなります。
 好きな人が興味を覚えているものだけを集中的に勉強するという方法もあります。
これは相手の気を引くためです。
向こうと話を合わせられるようになれば、それだけ距離を縮めるのが容易になります。
 相手と同じ土俵に上がってみるというのも、ときには大切です。
これは向こうと自分との差を客観的に理解する上で役立ちます。
 その際、努力次第では差を埋められそうなのであれば、それを頑張ってみることも重要です。
結局叶わなくても、努力はしたという意識があれば、それが自信に繋がることは珍しくないのです。
 何をするにしても、第三者の目で見られるようになりましょう。

スポンサーリンク