片思い、職場恋愛で苦しいとき

スポンサーリンク

職場恋愛というものは、珍しいものではありません。
これは世の中の夫婦の少なくない数が、なれ初めは勤め先だったという点からも明らかです。
 しかし、物事は全てうまく進むとは限りません。
こちらが相手に対して愛情を感じていても、それが必ず向こうに通じるものではないからです。
 では、片思いで苦しいと感じたら、いったいどうすればよいのかと言いますと、まずは相手に近寄るきっかけを探すようにしましょう。
 これはどういう意味なのかと言えば、いきなり距離を詰めようとしても、向こうにはそれが不自然に映ることが珍しくないからです。
 そのため、最初は出勤時間を合わせ、自然にあいさつを交わせる仲になるようにしましょう。
 このとき、相手に片思いをしている素振りを見せないようにしましょう。
苦しい胸のうちを早い段階で読み取られると、後々で面倒になることが多いからです。
 あいさつを交わせる仲になった後は、雑談をする機会を増やすようにしましょう。
会話の回数が増えれば、それだけで親しみが増していきます。

スポンサーリンク

 雑談を交わせる機会が増えたら、そこから相手の趣味を探るようにしましょう。
そうすれば共通の趣味が持てるるようになり、距離を詰めることが容易になります。
 また、相手の誕生日などの記念日に、向こうが本当にほしいと考えていたものを贈ることができるようになります。
 職場の同僚が片思いの相手であれば、メールも有効に使うようにしましょう。
これは事務連絡をする一方で、雑談を楽しむためです。
 人間の好感度というものは、コミュニケーションを重ねた分だけ上昇する傾向にあります。
 このときの注意点としては、相手の都合もきちんと考えることです。
こちらが片思いをしていて苦しいからと、一方的に気持ちを押し付けていたら、関係の進展は望めません。
 そのため、時と場合をわきまえることもまた大切なのです。
 共通の知人を交えて一緒に出かけるというのも、距離を縮める上で重要です。
これは職場の親睦会という形にすれば、実行に移すことはそんなに面倒ではありません。

スポンサーリンク