両想い切符のジンクスについて

スポンサーリンク

 恋愛には様々なジンクスがつきものです。
科学的に根拠はありませんが、気の持ちようが大きく変わってきます。
恋愛はポジティブな気持ちで臨めた方が、良い結果になるそうです。
そのため、ジンクスもあながち馬鹿にできるものではありません。
 そんなジンクスの1つに『両想い切符』と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。
市販されている切符を利用した、一種のおまじないのような物です。
2000年代後半から流行しています。
 切符には識別番号として4ケタの数字が印字されています。
それを利用し、2人の相性を占います。
全ての切符が両想い切符ではなく、約10パーセントの割合がそれに当ります。
つまり、当っただけでもジンクスのある、貴重な切符なのです。

スポンサーリンク

 

 仮に『4674』とい識別番号を例にとって説明しましょう。
まず、両想い切符は1ケタ目と4ケタ目が同じ数字である事が最低限の条件となります。
今回の場合は両方とも4になるので、その条件を満たします。
次に、2ケタ目と3ケタ目に注目します。
この2ケタはそのまま繋げて読み、2人の相性度となります。
つまり、今回の場合であれば67パーセントという事になるのです。
 90パーセント以上の高い相性度が出る確率は、100枚に1枚とされています。
つまり、滅多に出るものではありません。
もし、カップルで旅行などをした時にこのような両想い切符に出会う事ができれば、とても盛り上がる事でしょう。
とてもうれしい恋愛ジンクスの1つです。

スポンサーリンク