片思いで好意の脈ありが勘違いの時には

スポンサーリンク

片思いで相手が自分に好意を抱いているのではないかと感じることがあります。
しかしこの片思いの好意の脈ありが勘違いの可能性もあります。
脈ありの好意が勘違いで後で大きく傷つかないために、そのポイントをしっかりと理解しておくことが必要になります。
片思いというのは甘く切ないものとなっています。
好きな相手の行動を見て好意がある脈ありではないかと感じることがあります。
しかし片思いをしているときには冷静な判断をすることができません。
少しのしぐさでも自分に好意があるのではないかと勘違いしてしまう傾向があります。
浮かれて1人だけ舞い上がってしまうというのも珍しくありません。
片思いで好意があるのかということや脈ありかどうかに関しては、冷静な判断をすることが必要になります。
脈ありなのかと感じたときには次のような確認ポイントがあります。
片思いで好意があるのかを確認する時には、相手の行動が自分だけにむけられているのかというのが大切です。
これは彼氏がいるかどうかを聞いてきたり可愛いというようにほめてくれたり、悩みを親身に聞いてくれるというような行動となります。

スポンサーリンク

このポイントをしっかりとおさえておくことで、片思いの時にも相手の脈あり行動に対して勘違いをすることがありません。
ほかの女の子と自分に対する行動の違いを見ることで、脈ありかどうか判断することができます。
このほかに勘違いをしないためのポイントとしては、体調を気遣ってくれたり誕生日にプレゼントをくれる、またメールの返信が早いということがあります。
まめな男性にとっては好意を持っていなくてもこのような行動をする傾向があります。
気配りがしっかりとできる人の場合は脈ありと判断すると勘違いとなってしまう可能性があるので、少し様子を見るようにします。
逆にしっかりとしていない男性が自分に対するメールだけには早く返信するというような行動が見られるときには、好意を寄せていると考えることができます。
片思いの時には盲目になる傾向があります。
したがってメールに絵文字が入っていたり少し目が合うというようなことだけでも過剰に反応してしまいます。
これが勘違いの原因となります。
勘違いをしないためには、冷静な判断ができる友達に相談をすることも有効です。

スポンサーリンク